5人のレディ

深刻なわきがはプロに任せて治療|注目の整形プラン

目の下にできる嫌なたるみ

顔を触る女性

目の下のたるみを化粧品で解消できないなら、美容整形外科を利用して徹底的に退治してしまいましょう。美容整形外科によっては男性の目の下のたるみにも対応しているため、コンプレックスに感じている方は一度診察を受けましょう。

詳細

切らないで目元の若返り

ウーマン

目の下のたるみは老化を表すサインです。40代に入るとひどくなりますが、まだ軽いたるみであれば、メスで切らないで解消できます。レーザーや高周波RFは、古い細胞を破壊して新しいコラーゲンを増やし、目元にハリを出す治療です。

詳細

たるみを取っただけでは

注射器を持つ人

目の下のたるみ取りをすると、見た目年齢がずいぶんと若返ります。美容外科で行う手術では、切開の必要がありません。脂肪を抜き取るだけなので、腫れも少なく手軽にできます。更に、ヒアルロン酸などの注入をプラスすることで、より若々しい目元作りができます。

詳細

わきの手術

レディ

アポクリン汗腺やエクリン汗腺から分泌された汗が、皮膚の常在細菌によって分解された時に発生する臭いがわきがの原因となります。この症状の最も確実な対処法はわきが手術を受けて、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を取り除くか、ヒアルロン酸を使って活動を抑えてしまうことです。 しかし手術以外にも多数の対処方があります。その1つとして知られるものにデオドラント製品の使用があります。デオドラント製品は汗を抑えたり、バクテリアの増殖を抑えることで、体臭やその他悪臭の発生を防ぐ働きをします。このため、わきがの臭いも抑えられるという効果が得られ、わきが手術と類似の効果を一時的ですが得られます。 一方でその根本原因のアポクリン汗腺やエクリン汗腺は残っているため、あくまで対処療法に過ぎないという点で、手術とは大きく違いがあります。

名古屋などにある医療機関でわきがを治療してもらう場合は、その治療費については保険適用が可能な手術かどうかに加えて、各種手術種類の違いなども影響していきます。またアポクリン腺やエクリン汗腺を取り除く剪除法などの手術は、どれくらいの数のアポクリン汗腺やエクリン汗腺を処理するかによっても治療費が変わってきます。 名古屋の美容外科で対応している 一般的な相場としては、剪除法による脇の切開施術による治療では35万円前後の費用が掛かりますが、この剪除法は保険適用が効くため、1割から3割の負担額で済みます。 また他にもマイクロリムーブと呼ばれる、傷が残りにくい汗腺の除去手術がありますが、こちらは保険適用が効かないので30万円程度の施術を自由診療で受ける必要があります。