たるみを取っただけでは|深刻なわきがはプロに任せて治療|注目の整形プラン
4人の女性

深刻なわきがはプロに任せて治療|注目の整形プラン

たるみを取っただけでは

注射器を持つ人

加齢には勝てないのか

最近は若い人でも、目の下のたるみが気になる人が多いようです。パソコンやスマホなどで目を酷使することが、原因の一つだそうです。若い人でも増えつつある目の下のたるみですが、年齢を重ねて出来るたるみは深刻です。目の下の筋肉が衰え、脂肪が垂れ下がることで、目の下にたるみが出来ます。原因はそれだけではありません。加齢による、ヒアルロン酸など肌のうるおい成分の減少も原因です。こういった原因では、たるみ取りはほぼ不可能かと諦めてしまいたくなるかもしれません。しかし美容外科では、たるみ取りの手術が可能です。メスを使わないので切開の必要もありません。そのため、腫れも少なく誰にも気づかれずに、たるみ取りが出来ます。

取り除いて付け加える

たるみ取りの手術は、いくつか方法があります。その中でも主流なのが、脱脂術と呼ばれるものです。読んで字の如く、目の下まぶたの裏側から、脂肪を抜き取る手術です。これによって、垂れ下がった脂肪を除去できるので、たるみが解消します。日帰り手術です。このたるみ取りの手術だけでも、見違えるように印象が変わります。しかし加齢によるたるみであれば、脂肪を除去したあとで少し時間を置いて再度調整をします。その調整とは、陥没している箇所に脂肪を注入したり、ヒアルロン酸で目の下にハリを持たせることです。たるみ取りと、それに少し足すことによって若々しい目元を作り出すことができます。目元の状態によって、何が必要かは個人差があります。無料カウンセリングを受けると、その人にあった手術の提案があります。