切らないで目元の若返り|深刻なわきがはプロに任せて治療|注目の整形プラン
4人の女性

深刻なわきがはプロに任せて治療|注目の整形プラン

切らないで目元の若返り

ウーマン

目の下のたるんで見えるのは、クマ、へこみ、突出などができるためです。目の下のたるみは老化現象のひとつですが、生まれつき頬に脂肪が少ないなど、体質的な面でなりやすい人もいます。目の下のたるみは美容整形をすれば解消できます。軽症のたるみであれば、メスを使用しない治療でたるみが取れます。レーザー治療や高周波RF治療はたるみ取りにお勧めです。レーザーや高周波RFエネルギーを目の下に照射し、真皮のコラーゲンを増やしてハリを出し、たるみを解消することができます。照射するだけなので麻酔は不要で、治療時間は10分〜20分程度で終わります。すぐに目元のたるみが緩和され、皮膚がピンと張っているのを感じることができます。

レーザーや高周波RFなどの目の下のたるみ治療は、たるみの種類によって効く場合と効かない場合があります。また、人によっては治療ができない場合もあります。高周波RFは電流を使用するので、金属があると反応してしまいます。治療ができないのは、顔の中に金属プレートが埋まっている人、ペースメーカーを埋め込んでいる人、金の糸のリフトアップを受けたことがある人などです。また、妊婦や授乳中の人も治療が受けられないことが多いようです。目の下はとてもデリケートなので、治療の技術が低いとかえってたるみがひどくなるリスクがあります。目の下のたるみ治療の経験が豊富で、アフターケアもしっかりしてくれるクリニックで治療を受けることをお勧めします。